スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

no title

大正メビウスラインをプレイ中。時雨と千家を落とした。以下、これまでの感想を書き記したい。

前情報の段階で、このゲームをヤル気はまるで無かった。
そもそもラブデリバリーというメーカー自体に懐疑的であり、大正浪漫にもさして興味がない。
ましてや、ゲームのあらすじを読んでもてんで内容が読めない…。死霊…へえへえ、メーカーさんお得意のね~と斜めから鼻で笑っていた己を今なら殴り飛ばしたい。
声優も知っているのは館林役とミサキ役のみ、どちらもさして無茶苦茶興味があるわけでもない。
ともあらば、プレイする気が起こらないのも無理はない。
何故か興味を持った友人がプレイし、その流れで我が手元に来なければ自ずからプレイする事は無かっただろう。


時雨からやれ。との指示通り、時雨をプレイ。
フォントが太くて読みにくい、難読漢字にルビが振られていない点に不親切さを感じる。
メーカーからパッチなど配布されれば良いなと思う。
かなり疑いながらプレイを始めるもOPムービーは秀逸。塗り綺麗ねー。うーんと唸る。

時雨と京一郎の不器用な恋愛に些か悶え苦しむ。
しかし時雨、立ち絵とスチルで髪型のイメージがてんで違うではないか…。
私服の立ち絵などもあればなお良かったのではないかと思う。
時雨ルートでは自分が萌えを感じる瞬間は無く、エロも非常に健全に映った。スポーツとしてのエロ。
BADの図書館の死霊に取り憑かれるエンドでは大笑い。
実の叔父さんを誘惑しようと試み、声色を使う死霊に心が弾んだ。
祝詞を唱える時雨のスチルで髪が揺れており驚く。なんと、最新のゲームはスチルも動くのか…。
と、時雨ルートでは無感動なまま日を過ごす。
暫く後に館林ルートに突入するつもりが選択肢を誤り千家ルートに突入…。
普通、煎餅屋に行ったらミサキがいるだろ…と思うに決まっているのに、変なところで意地悪なこのゲーム。
あれよあれよという間に主人公、京一郎君は既成事実を作られ彼のものに…。
千家の容姿、発言から察するに、これは鬼畜に違いない!と思いきや、なんともびっくり腕枕。
合意でもない初夜から紳士な野郎である。

…続きは次記事で…。
スポンサーサイト

no title

まじでゲームを作ろう。
という事で、まずは作りかけのかもかて二次創作を完成させる。(~15日まで)
そこから吉里吉里ソフトの勉学と習作作り。(末まで)

no title

久しぶりに日記を書く事にする。
高校二年生の冬からBlogを始めて、もう7年の時が経ったかと思うと、そら恐ろしい。
前Blog、前々Blogはほぼ消失してデータは残っていないものの、ろくな内容を書いてはいない事は想像に容易い。

今一度、己の過去を掘り起こす為に2007年度からの遍歴を振り返ろうと思う。

2007年度、大学一回。百貨店でバイト。男女間での友情は成立するか?が、この年のテーマであった。(→2012年現在の結論としては成立しないこともない。が有力。)
2008年度、大学二回。一人暮らしを始める。カラオケ屋でバイト。深夜労働はいけない。という事を学んだ一年であった。
2009年度、大学中退。仲居として労働。正社員労働とはいかなるものか。を学んだ一年であった。(→下手に正社員なんかになるもんじゃない。というのが2012年現在の結論)
2010年度、実家に出戻り。求職活動と同人活動に明け暮れた。喫茶店のアルバイトに成り下がる。雇用保険法に詳しくなれた一年であった。
2011年度、喫茶店アルバイト。あいもかわらず同人活動に明け暮れ、それぞれの二年目の葛藤にぶつかった。
2012年度、現在。喫茶店労働に加え、父親の会社(看護医療系予備校)に出入りし、小金を稼ぎ始めた。己の矮小さを改めて認識する一方で、新たな可能性を感じる。退化ではなく、原点回帰の年であると信じたい。

2012年度(10月まで)の大きな出来事として初の海外旅行が挙げられる。
高校時代の友人シリ。(古くは黒さん)のマレーシア暮らしをきっかけとして実行。同じく高校時代の友人である…古くは後田氏と渡航。
中国南方航空の機内食にえずいた。

将来的にはヨソで生活費を工面しながら、父親の会社により入り込んでいきたい。
また、人生の上半期の目標としてオリジナルゲーム作成を目論んでいる。
まずはシナリオありき。ゆくゆくはホモではない文章も書けるようになっていきたい。

この一ヶ月は「冠を持つ神の手」というフリーゲームにのめり込んだ一ヶ月であった。
夏の間に人間関係で悩み抜き、心を狂わせたが、フリーゲームにハマる事により幾分か浮上した。
結論をいうと、それが現実であれ、ゲームであれ、そこに人間がいる限り、悩みは絶えぬということ。
現実逃避でプレイしたゲームに圧倒的に「人間関係の大切さと難しさ」を説かれた感がある。

何は無くとも人間は大切にしたい。そう思えた一ヶ月であった。

今後もこのような調子で備忘録として日記を書き進めたいと思う。

no title

奈良県に思い出を拾いに行きます。ひとり旅。ひとり旅。
置き去りにした、良い思い出、要らない思い出。
置き去りにした、中途半端な人間関係。
置き去りにした、中途半端な自分自身。

今から、拾いに行きます。

小さい時は、懐かしいという気持ちが分からなかったけど、今なら分かる。

切り捨てたものを美化して郷愁に浸る事だ。

no title

つづき。
紅雀がただの攻略キャラであったことに衝撃。まさかノイズがあんなに美味しいとは…。
ただ、紅雀、badは良かった。

真相ルートの隠しキャラは満足。まさかそうきたか。
しかしストーリーは前述の通り、神学校思い出し少し萎える。

不満もややあるものの、キラルに期待しすぎていたゆえの不満。
他社ゲームであれば大満足の域。



なんだかんだで満足している。


一番萌えたものはノイズのウサギ。
BADは紅雀、クリア、双子もどきが良かった。
プロフィール

ムチ麿+

Author:ムチ麿+

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。