スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夢のコラボ

YoshikiとKITTYがコラボしたYoshiKITTYグッズというのをキディランドで発見して「キャー!!!欲しい!可愛い!」となりました。

誰が考えたのか知りませんが凄い。尊敬します。馬鹿か。
スポンサーサイト

冷蔵庫

ある日、冷凍庫に氷柱が出来ていて「オー、昔行ったスキー思い出すなぁ」と郷愁を感じ放っておいた。

次にみたら氷柱は更に増えていた「いやぁそれにしても懐かしい。」やはり放っておいた。

次に冷凍庫を開けようとしたら開かない「キミ、主人に逆らう気かね。良い度胸だ」
無理矢理開けたら庫内全面が氷に覆われていて、一部の隙もない。それでも一部氷を砕いて無理矢理買ってきたアイスを入れた。

「さて、貴様には制裁が必要なようだな」とコンセントを抜いたのは、いつだったか…二週間ほど前だろうか。

「私は貴様なぞいなくても一向に構わないのだよ。なにせ自炊しないからな。お情けでおいてやっていたのに貴様は主人に逆らったのだ。」と。


そして面倒臭がりにおける放置プレイ。

しかし、時は満ちた。明日は某友人が家に来る為、掃除せざるを得ない。私は面倒臭がりだが見栄っ張りなのだ。


中身をろくに確認せずにコンセントを抜いた冷蔵庫および冷凍庫の中は一体どんな阿鼻叫喚が待っているのか…と大量の雑巾を手に挑んだ……。




…あっ意外に普通。

冷蔵庫内には調味料と半分の玉葱しか入っていなかった。臭いもない。

冷凍庫も水びだしなだけ。


「そうか貴様、密閉空間だったな」

「フフフ、気に入ったぞ。可愛い奴め」

せっせと掃除しました。


しかし奴には暫く電気は与えません。電気代節約の為と、あと、冷蔵庫の音って案外とってもうるさいから騒音防止に。


我が家の冷蔵庫(命名:麗子)が再び活躍する日は遠い。

左手中指

近頃、開き直ってワーと楽しく仕事をしていました。
しかし本日、部屋の確認時、窓と障子の間に左手中指を詰めまして、ギェー。

それまでエッサホイサとニコニコやっていたのですが、指つめた瞬間、頭に浮かんだ言葉は「お母さ~ん痛いよ」と「ふぇ~ん地元MKNに帰りたいよぉ」

どこの幼児。


ちなみに指は意外に平気で、アオタンになったぐらいで、問題なくその後も仕事出来ました。


潜在的に幼児回帰願望があるみたいです。

裸体

昨日、清掃中と書かれた大浴場の男湯に清掃のおじさんを探しに乗り込んだら、湯船に料理長が漬かっていた。

無論、全裸だったが「あ、スンマセン」とだけ言って、清掃員を連れ出し用件を伝えた。

今朝、「俺の裸みたやろ」
「えらい落ち着いてたな。」
「男の裸は見慣れてるんか。」

最後の発言でオヤジっていやぁね。と思いながら「いや、んな事ないっすなぁ。」と咄嗟に否定しました。
が、次に様々なエロゲのスチルが浮かび、うーん。
PCのモニタ越しには見慣れてるような見慣れていないような。

まぁでも彼等はバーチャル裸体で、裸体にしては美し過ぎますから数には入らないでしょう。スネ毛はおろかワキゲも見た事ないわ。
ゲイゲームの「炎多留(ほたる)」シリーズは毛むくじゃらのガチムチらしいけど。


銭湯のバイトでもしたら「裸は見慣れてます」と言えるような気がします。

女湯と違って男湯はヤクザの刺青が見れるでしょうし、羨ましいです。

客観

昨日26歳仲居が「今朝、道ですれ違い様に挨拶二回したんですが全然気付きませんでしたね」

全く覚えがない。

「凄く虚ろな目をしてました。」

「仕方ないです。虚ろでしたから。」

「あの目が忘れられません」



私は私が気付かぬうちに崩壊しつつあるのかも知れない。

Dが来た。

今日宿泊の修学旅行の中学生にエビアレルギーの子の欄に小野大輔君。今を時めく男性声優と同姓同名。

海老無しメニューを食べる小野君に大注目。果たしてどんな顔?どんな声?

軽く声優イベントに行った気分。ちなみにそんなイベントに行った事はない。

結果→極めて普通の栗坊主。

そうか当たり前だ。ありがちな名前だもん。
栗坊主の顔を見るまで頭の中には「まっが―れ↓スペクタクル」がリフレインでした、見た途端止みました。

しかし、私は別に小野Dがそこまで好きかというと「別に」


なんせ彼には裏名が無いからね。

真夜中の鬼畜肛門科医序章

鬼畜肛門科医シリーズを本当に文に起こし始めた。




その日の昼、僕は自分の身体の異変に気付いた。便秘だ。
いつもは胃下垂気味でスルスルと上から下へ摂取・排泄される消化気管が、そういえば4日前くらいから排便のみを滞らせている。

一度気付くと、気になって仕方が無くなる。

授業中もクラブ中も常に頭の片隅には便秘の事があり、気が気ではなかった。

その精神的重圧が、僕をどうにかしてしまったのかも知れない。

普通に考えたら、単に家にある母親の便秘薬を拝借し、飲めば良いだけだったのだ。

あろうことか、僕はあの医者の元を訪れてしまったのだ。


そう。「鬼畜肛門科医」は単なる都市伝説ではなかったのだ…

~OP~


便秘による下腹部の不快感は鈍くAを支配し、ラクロス部の練習もサッパリだった。
そんな最悪のコンディションにも関わらず、明日は今年度最後の試合の第一回目。明日勝ち抜かなければ一つ上の先輩は引退してしまう。
どうしようもない焦燥感を胸に帰路に付くAに、とある看板が目に入った。
通学路にこんな看板、前からあったろうか。

「ぢ・便秘・下痢・なんでもござれ。懇切丁寧。〇〇肛門科」

肛門科なら自分の不快な便秘の解消法が分かるだろうか。と思いながらAは立ち止まり、まじまじと看板を見ていた。
意外にもAの住む家から近く、そして何より彼が驚いたのは以下の文面である。
「診療時間:午後2時~深夜2時」

部活動を終え、現在の時刻は10時を回ろうとしている。(それでもまだ診療時間内だって?)
その場でAは財布を確認した。確信していた通り、そこには診療には充分であろう紙幣が収まっていた。
(立て替えておいて、後でお母さんに請求しよう。)
彼の心は、この便秘を一刻も早く解消したい。その事しか頭になかった。



たどり着いたのは小さな診療所だった。

白い外壁に青い蔦がみっしりと張り付いている。かろうじて入口のまわりには蔦が絡んでいないのは誰かが手入れをしているからだろうか。一面が青に覆われている中、黒い木製のドアーは、遠目にみると、まるで洞穴の入口のようにも見えた。
そのすぐ上に掛けられた看板には「〇〇肛門科」と剥げかかった字で書かれている。
何か、禍々しいオーラを放つその建物にAは怖じ気ずいた。

が、そんなAの頭によぎったのは、入部当時よりお世話になっているB先輩の顔だった。
すぐに思い直し、Aはドアー手の部分に書かれた「押す」という指示通りドアーを押し開けた。

ラクロス部で特にいつも面倒を見てくれていた先輩であるB先輩。
彼は高校卒業後、運送会社への就職が既に決まっている。
ラクロスは続けないのか?といつだったかAが聞いた時、彼はこう言った。

「続けたいに決まっているだろう。…でも続けられないんだ。」

ラクロスはチームプレイだ。ラクロスの社会人チームはメジャースポーツよりは数が少ないものの確かに存在する。しかし休みが明確に定まらない運送業において、そういったチームに在籍するのは不可能に近い。
「次の大会が俺の最後のラクロスの試合になる。」
彼は練習中に、ふとそう呟き、生温くなったスポーツドリンクを勢いよく煽った。
荒っぽく喉を鳴らして飲み干すその行動は、まるで自分が呟いた言葉を認めたくないようにAの目には移った。


扉を押すとチリリンと控え目な鈴の音が鳴った。
外観に比べ、その診療所の内部は広く感じた。黒と白を基調としているのか、お洒落な印象を受けたが、ところどころ塗装が剥がれ掛けているのを見ると、年季が感じられる。
カウンターらしき場所に人影は見えない。

Aは半ばドアーを開いた事を後悔した。しかし、ここまで来たのだ、今更ドアーを引いて帰る気はしなかった。
試合の事もあったが、何より彼の好奇心がそうさせた。

「あの…すみません」

小声で廊下の奥に向かって声を掛ける。

………

誰もいないのだろうか。

そう思った矢先、廊下の奥より足音が聞こえた。

コチリコチリと近付く足音は、Aが愛用している目覚まし時計の秒針の音と、どこか似ている。

「ようこそ。いらっしゃいませ」

声と共に現れたのは長身の男だった。
足元から男をみた彼は、その男の病的な身体に目を見張った。
男が白衣の下から着ている黒のボディスーツには彼の肋骨の形がくっきりと浮かび上がっているのだ。

それを認識した彼は、恐る恐る男の顔に焦点を合わせた。

濡れた烏のような漆黒の髪、銀フレームの眼鏡、こけた頬、見開かれた目、首もとまであるボディスーツには身体中の筋が浮かび上がっている。その上に羽織る白衣はまるで使用感が無く、室内の照明に青白く反射する。
(こいつが一番病的じゃないか)
一気に不安になったAに男は身体に似合わぬハッキリと透った声で尋ねる。

「さて、子羊ちゃん。今日は何処か悪いところでも?
ここは知っての通り診療所だ。君はここに何か求めて来たんだろう?ん?
それとも、夜の町で痴女に襲われそうになって、ここに逃げてきたのかい?
あはぁ、さては……口裂け女か。」

男は口をイーと横に開ける。八重歯が二本覗き、それはまるで怪物のような形相だった。

「口裂け女に襲われそうになったらね。鼈甲飴を投げるんだよ。」
「そう、鼈甲飴といえば面白いエピソードがある……」

延々と語り出す男にAは踵を返そうと無言で後ろを向いた。
瞬間、Aは肩をUFOキャッチャーのクレーンのようなものに掴まれた。驚いて振り返ればそれは医者の骨と皮しかついていないような手だった。

「…御困りなんでしょう?」
彼は顎を引き、目を細め、まるで勝ち誇ったような笑みで呟いた。

うって変わって、眼球が零れ落ちそうな程、目を見開き医者は言った。

「さぁ、本日は如何なさいましたか?」

Aはクレーンに両肩を掴まれたままだった。
その骸骨の様な手は今や力が込められ、Aの制服のジャケットにミシミシと有り得ない音を立てさせているのだった。

~つづく~


〇整理
A(仮)…高2でラクロス部。金持ち。計画性が無い。普段は下痢持ち。
B(仮)…高3でラクロス部。新年度から運送業。
〇〇診療所…小さな診療所。ツタだらけ。玄関は黒と白で統一されているが、剥げかかっている。
鬼畜肛門科医…ガリガリ。身長が高い。銀フレームの眼鏡。黒髪。表情豊か。おしゃべり。足音がコチリコチリ。
*ただし、鬼畜肛門科医に限っては内容を変更する可能性あり。今回は大変気持ち悪い奴になってしまったが、これでは後に現われる泌尿器科の悪魔の気持ち悪さが薄らいでしまう。なのでもう少し格好良く、無口にする必要があるが、そんな人間は私には描ける気がしないのが現状。

夢の国へ

忘れていた計画を思い出した。

「!集いメンツで行くTDLの旅!」

急いで休みとオゼゼを用意しなきゃ!


いやぁ変な事考えてる場合ではありません。頭を芋虫からディズニーに切り替えなくちゃ!

いや、むしろ芋虫的エログロ観点からディズニーを見る?

ディズニーの完璧な世界観は或る意味、病的なほど神経質…といえなくもないかも。


「♪僕らのクラブのリーダーはミッキーマウス×2ミッキー×2マウス」

ですが、現在の私の頭のなかは芋虫以上に咎狗で
「♪私の世界のカリスマはシキティ、シキティ、シキ、シキティ」
こう続きます
「♪シッキティ~シッキティ~存在が18禁~」

「♪グリリバボ~イスの中二病~電波な変態シキシキティ」


ああ、こんな痛々しい替え歌考えてるようじゃミッキーも裸足で逃げ出すよ!ちくしょう!!

私の純情を返せ!

父を返せ
母を返せ
年寄りを返せ
子どもを返せ

あぁ、戦争はいかん。


お願いミッキー!こんな汚い私にも慈悲を!!変わらぬ愛を!!

丸尾万歳

エログロ漫画の大権化、丸尾末広の新刊が出ました。江戸川乱歩原作「芋虫」を見事に描きます。

ただし、読み終わった今グロ過ぎて吐きそうです。せっかくのタリーズカフェのアサイーバナナスワークルも気持ち悪いです。

この「芋虫」私は原作も乱歩地獄の映画版も見て、かなり好きな乱歩作品です。蟲の次くらいに好き。
なにが好きって容赦なくエログロだから。何の迷いもなくエログロだから。

戦争で負傷し、手足を失って耳も聞こえない喋る事も出来ない状態で帰還した芋虫のような夫と妻の醜悪で美しい物語です。


しかし原作よりも映画よりも何よりも乱歩が生々しく描いていて、もう凄い。トラウマ。完全なるトラウマ書です。

目を潰すシーンなんかは、正視できません。なんつうインパクトや末広!!誰が…

他に誰がこのインパクトを描く事が出来ようか?!


ちなみに「ちびまるこちゃん」の丸尾くんは丸尾末広からとられた名前だよ。さくらももこはアングラ漫画が好きだったらしい。ちなみにちなみに花輪くんは花輪和一からきている。


しかし、あまりに強烈な書物すぎて本棚に置くのが怖い。

そして丸尾漫画、好きなんだけれども恐くて蒐集できない。全部集めて読んだら発狂すると思う。
「少女椿」一冊でラリパッパになったし。


実は私の今の携帯ストラップは丸尾です。

仏像

旅館でタダ券貰って奈良県立博物館で開催されている正倉院展行った。要はあれだ。綺麗に残ってるからチヤホヤされてるだけだ。ツタンカーメンの墓みたいなもんだ。

琵琶は確かに凄かったがな。

んで、仏像が無くて物タリンかったので、常設展もみましたとも。そこのけそこのけ御仏の御通りだい!!!
ヤベェな。しょっぱなに会った増長天から圧倒されたよ。「ふしゅー、ふしゅー」て絶対キミ、呼吸してるだろ。

梵天立像の前で
「梵天と帝釈天って鬼畜眼鏡的にいえば眼鏡と御堂みたいな力関係かなぁ」と妄想していて、ふと横をみたら帝釈天に睨まれてビクリとしました。
「オー!テリブル!Mr.タイシャク!軽いジョークだよ!オケィ?」
外人の真似して詫びました。(勿論、心の中で静かにね。)



あと、十二神将はやっぱ面白いです。

薬師如来…お医者さん
日光月光菩薩…ナース
十二神将…医者のSP

SPもえー。

なんだかしらぬが、もえー。
だってアイツら頭に動物(干支)のせてんだもん。ひゅー!かわい~~!
寅とかは得意気ですが兎とか蛇とか鶏は「えーと、キミほんとに闘えるのかな?」

私がもしも薬師如来の死を望む悪人ならば、まず十二神将と闘わなきゃならないんだろうけれど、ネズミとか蛇とか鶏はヤッつけれる気がする。

新型インフルエンザがこんなに流行してるのも、もしかしたら人々の健康および病気平癒の神様、薬師如来及び十二神将の怠慢かも。
結構結構。もっとインフル流行って私から仕事を奪ってくれ。そしたら私は貴方達に貢ぎ物持って拝みに行くよ。
さぁ今からでもガツンと流行らしてくれ!ハハハ!
なんなら私にかけたまへ!!

日本仏教界の中で、天部ってのは割りと下の方の位置付(如来、菩薩の次)なんですが、天部ってのは元々インドのヒンドゥー教の神様~’Sなんですね。輸入神様なんです。

で、梵天・帝釈天というのはインドのトップ神。それが何故か如来の教えにガツーンと来てパーティーに加わるんです。
そしたら他のヒンドゥー神様も「梵天兄貴と帝釈天兄貴がナカマになったんなら俺も!」「ワシも!」とばかりに次々ナカマになるわけです。

しかし阿修羅だけはね。やんちゃなゴン太くれだから暴れて悪さばかりして…まぁグレてシンナーとか吸ってたのよ。で毎日帝釈天とバトル。
バイクでチキンレースとかね。

そんな悪さばかりしてた阿修羅もブッダの御話を聞いて「僕間違ってたよ…」とナカマになるわけです。

だけど、腕に根性焼きの後とか残ってる阿修羅に最初みんな冷たいんよ。

吉祥天「なぁに、あの小汚ない子!ああ臭いわぁ」

とか言われて。

で、嫌がらせとか受けてるのを救ってくれたのは

①如来の慈悲の目…「過去の罪を懸命に償いなさい。さすれば誰しも君を認めます。」

②かつての暴走族仲間「八部衆」のメンバーの温かい言葉「誰かに嫌がらせされたなら俺らに言え!ソイツに同じ目みしてやる」

③帝釈天の励まし「ジャックナイフと呼ばれていた頃の気丈なお前はどこにいった?ふぬけた顔を晒すな。」


かくして彼は今や日本のアイドルとなったのです。


ああ自分でも、何処から本当で何処から嘘か分からんくなってきたわ。

クッション

男のオタクは美少女キャラの等身大クッションを抱き締めて寝るイメージで、実際そういったクッションカバー及び本体が多々、市場で見られる。
私の抱く印象としては「男のオタク特有の発想による、なんとも不気味な文化」
つまり小馬鹿にしていた。


が、等身大ではないものの女性オタク向けのジャンボクッションを今回初めてネット上でみてしまった。
なんと私の現在のソウル・ホビーである咎狗より。


製品説明「漆黒の軍服を身に纏ったアキラとシキ。
作中の「あのED」が思わず色鮮やかに蘇ります。
それぞれの手に絡みついた鎖の先にいるものは・・・」

表面が半裸なのに手袋を片方装着したノーパンぽいアキラァ
裏面が軍服はだけたシキティ

大爆笑。エロエロクッションである。恥ずかしいぞ。これは恥ずかしいぞ。裏も表も恥ずかしい。

私も例に漏れず軍服エンドが一番好きですが、さすがに要りません。

なにより一人ずつ両面に印刷することで一度に片面ずつしか認識できないなんて、切な過ぎます。常に二人は背中合わせ?そんな鬼みたいなクッション見ていて切ないじゃない。


狗オタク達のクッションの反応と需要が非常に気になり、久し振りに某巨大掲示板サイトで検索しました。

クッションに対し困惑の声(「置けない」「はだけすぎて軍服か分からない」)が多々ある中、

「開きにして二人並んだ暖簾にする。」

カップリング愛はクッションを開きにするのか。と感動いたしました。

少なくとも彼女の家では背中合わせではない二人が存在するわけです。南無三。

もしかしたら私が認識していないだけで他にも女性向けキャラクタークッションは過去出ていたのかも。と調べましたら、やはり乙女ゲームに先を越されていました。

コルダ、遥か、アンジェリークなど。

うーん。こちらも果たして需要はあったのでしょうか?非常に気になります。

持っている方がいたら紹介して下さい。
部屋のどこに置いてるんだろう。

近況

日記にするほど長い記事が書けない毎日。


〇家族間のメールも敬語を使う我が家はオカシイ。と姉。
そういえば、彼女が実家を出て一人暮らしを始めて、初めて帰省した日に「どーも!いらっしゃいませ!」と言ってブチギレられた事を思い出した。
曰く「普通にオカエリにしろ!」


〇隣人から借りた『聖おにいさん』を今更読み始めた。 知名度は割りと高いと思う。

ブッダとイエスが立川のアパートで同居してるという設定のギャグ。

普通に面白くて悔しい。サラリとした笑いです。普通に良い奴です。ブッダもイエスも。なんとも悔しい。

宗教の「毒」の部分を見事に軽くギャグにしてしまっていてスゲェなぁ。と。


〇声優の裏名と表名の早見表を作ろうと思い立ち、まとめ始めた。のですが、今をときめく小野大輔ってそういえば18禁では見ません。仕事選んでるんですね。杉田はガチンコなのになぁ。
石田彰も然り。少なくとも裏名が必要になるようなものには出ている気配が無い。
あと、18禁でも裏名を一切使わない一条和矢とカッペー。
また、裏名を使ったり使わなかったりする緑川と森川。
この人達はどういう事なんでしょうか?

いわゆる「大人の事情」というやつなんでしょうが、謎は多いです


〇朝食時、職場の警備のオッサンに「あっ私、味噌汁いりません」と言ったら目を剥いて「なんで」
「あんま好きじゃないんす」
と言ったら家庭における、また女における味噌汁の大切さを説かれる。
「あんたが好きじゃなくても、いつか家庭を持ったら作らなアカン」

ひぇ~気持ち悪いよ~~



〇今一番聴きたいCDは「ヤンデレの女の子に死ぬほど愛されて眠れないCD」です。本気。

食品

カロリーメイトにメープル味→これにより私の中でのカロリーメイト順位が以下に変更。
1ポテト
2メープル
3チョコレート
4チーズ
5フルーツ



チロルチョコにホットケーキ味が出来る。
昔、駄菓子屋でよくみたプリンチョコ的な味。
チロルチョコ一番人気は、なんといっても、OLらから火がついた「きなこもち」シリーズ。コンビニでは10個入りの「旅きなこ」がレジ横に並ぶ。そういえば二年くらい前、コンビニできなこもちをカートン買いする若い女をみた。


最近、「忍者めし」ブーム。マッチョグレープを主に。ノンストップで、くっちゃくっちゃ


最寄り駅構内に成城石井が出来た。初めて買った商品はザクロジュース(トルコ産)
韓国では5~6年前にイ・ジュンギがCMに出てザクロジュースが大流行した。
高三時、「王の男」マイブームにより飲みたくてたまらなかったのがザクロジュース。
そしてザクロは鬼畜眼鏡の象徴でもある。

そんな腐り切った憧れからチャレンジ・ドリンキング。

結果→そうか上手かったら、もっと日本でも売られるはずよね。


飲み物で初めて、えずいた。

悶々

乙女ゲームの現在分かっているだけの今後の発売予定数とBLゲームの現在分かっているだけの今後の発売予定数の比は5:1くらい。

なんとも嫉妬を隠せない。もう悔しくて悔しくて。
いつか女性向けアドベンチャーゲーム界はオトメイトとコーエーに乗っとられるんじゃないかと気が気じゃない。薄桜鬼を始めオトメイト作品の人気に嫉妬・嫉妬・嫉妬。オトメイトの絵はなんでこんなに素敵なんだよ。ちくしょう。

しかし、無暗に企業が参戦して発売本数が増えるよりは現在の穏やかな発売数で、ひとつひとつのクオリティが高いほうが良いかも知れない。

落ち着こう私。すーはー。

もっと私は考えなきゃならん事があるはずよ。すーはー。

うむ

654545454.jpg
自分が「冠を持つ神の手」の攻略キャラだったら、,,,。
誰か私のルートにはいってくれ。
そしてみんな、フリーゲーム「冠を持つ神の手」をやるべきだ。

想像力がない

妄想力を鍛えようと、宦官で妄想

切除した自分の一物に毎夜喋り掛ける少年の宦官。

ある日、彼の魔羅は意思を持ち始め、少年の語りに答え始める。


魔羅の言う通りに行動すると少年は出世する。

しかし、ある日魔羅が盗まれて少年パニック

見つけ出した魔羅は川に浮遊。

なんと魔羅は盗まれたのではなく、自殺しようと自ら歩いて近くの川に飛び込んだのだった。

「寸での所で、オメェの顔が浮かんで、踏ん切りがつかなかったんでい。」


「もうすぐ、この宮殿は反乱軍に襲われて、宦官は皆狩られるんでい。」


「逃げるしかねぇんでぃ。」


少年はしかし言った「出世し今の地位には責任と誇りがあり、逃げる事は許されない。君だけ逃げてくれ。」

「そういうと思ったんでぃ。貴様の死ぬ姿みたくなくて先に死のうと思ったんでい。」


手の平の上で悪態をつく一物。

「最後に俺の唇に別れの接吻でもしてくれい」

しかし、彼には魔羅の唇がどこか分からない。

逡巡している内にみるみる萎れていく一物。

「テメェ、そんなに俺が汚ねぇか。ちくしょう」



どこからかクーデターを知らせる警鐘が聞こえ……


ああ、続けられません。気持ち悪くて続けられません。



じゃあ次は仏像で行きましょう。

帝釈天と阿修羅で…

ああ、仏教界に殺されそうです。


ツンデレじゃじゃ馬の阿修羅を常に保護者的目線で指導・教育していたインテリエリート帝釈天。二体は紆余曲折あり、三十三間堂で隣り同士で素直になれないながらも仲良くやっていた。二人の関係を知るのはバス仙人唯一人。

そんな、ある日、三十三間堂の横並びの仏像の中、二人と遠い位置にいる迦流羅がイチャモンつけてくる。
「帝釈天さん、阿修羅ばっかりズリィッス。俺も阿修羅と同じ八部衆なんすから、仲良くしてくれっす。」
するとそれを聞いた鳩槃舵が「オィ!抜け駆けは許さねぇ」と「帝釈天さん俺っちも八部衆なんす。」
他の八部衆も集合。

皆、スマートな帝釈天に憧れていたのです。


阿修羅の顔をみて「はははぁ。僕はどうすれば良いかなぁ」という帝釈天。その目は笑っていない。

勿論、阿修羅の次のセリフは「べべ別に勝手にしろよ(プイとそっぽ)」

いかにもBLらしい展開です。
あまりに典型的ですので以下省略。最後に阿修羅が六本の手で敵をやっつけまくるとだけ言っておきましょう。


気持ち悪い。またしても自分で吐きそうになってしまいました。



もっと素晴らしい妄想がしたい。こんなコピペみたいな紋切り型じゃなくて…

わいわーい

多少であるが一時期より痩せて来た気がして、仲居ルートは正解。と本当にめちゃくちゃ久し振りに思えました。初給料日以来です。

高校時代の帰り道のチョコレートから肥満化した私。最近は自分の体型、容姿に関しては出来るだけ考えないようにしてるにも関わらず、本当はめちゃくちゃ気にしてるというような日々でした。


体重計は、未だ恐くて乗れない状況ですが、今朝、太ももの内側を見て、少なくとも一年前とは違うと確信しました。



この間、大瓶ビールを12本持って階段を昇降した時、めちゃくちゃ身体が重くて、「ああ、きっと気を抜いたら、すぐ、これ位身体が重くなるんだろうな」と思いました。

まだまだまだまだまだまだまだまだ溜め込んだ脂肪は沢山あります。
高校時代のチョコレート、ジェンフリ時代の過食、
ジャンカラ時代の最悪な食生活…

気を抜かず、M寸をためらいなく選べるようになりたいです。
切実に。

そして私はルーシー・リューのような女になりたい。
まだまだまだまだ道のりは長い。長過ぎる。

カラオケ

昨夜は本当に久し振りに黒氏と二人でカラオケ行った。
hydeが如何に魔性のエロエロ誘い受けであるか語って下さり、ありがたく拝聴した。

その少し前まで家で猫猫猫猫狗狗狗狗萌萌萌萌萌萌状態で「こんな私は異端なのかも」とクサクサしていたのが吹っ切れた。

こんな歌の一節があります。
「♪俺がパンチラ見てるんじゃねぇ!お前がパンチラ見せてんだ!!」


私がキラルに萌えてるんじゃない。キラルが私を萌えさせているんだ。

黒氏もきっとhydeに萌えているのではなく萌えさせられているんだ。

hydeは魔性の妖精。アーティスト達を誘惑するワガママ・フェアリー…
両胸を飾るピアスで蠱惑的に誘惑するのです。きっと。oh!

黒氏は妖精の虜。トークショーで握手をした妖精の手は小さくて、それでいて熱かったそうだ。


そして懐かしの映画、MOON CHILDの話になり
「お前の血を吸ってやろうか!」
大根役者ぶりの物真似で大爆笑です。

俄然、また見たくなってしまいました。DVD買おうかしら。

Gacktの演技はシリアスになればなるほど声が低過ぎて、要字幕です。


世の中はファーストフードを擬人化し、モス×ミスドにまで発展せん勢い。*モスは眼鏡。

国の擬人化は映画になりました。都道府県も擬人化されました。大江戸線も擬人化されアニメになりました…

壁と床と天井は三角関係と言ったのは誰だったか…

「萌え」という目線を持ってしまった日本は、きっとリアルでは崩壊が近い事でしょう。代わりにアンリアルの世界が更に繁栄する事でしょう。

南無阿弥陀仏。合掌。

私は、キラルの四作目とタカトの第六の画集を夢見て今日もキリキリ働こうじゃないか。

漫画

ひそかにしたためていた、読んだ漫画一覧と私的な評価。夏から今まで。bl作品は作者名後に*印。



人間失格(太宰治+古屋兎丸)一巻…謎作品。よく分からない。

ジュテーム、カフェ・ノワール(ヤマシタトモコ)*…相変わらずのヤマシタトモコ。好きではないのに何故か新刊が出ると読む。

Gad Sfortunato(basso)*…読みにくい。

ダブルミンツ(中村明日美子)*…やはり明日美子は素晴らしい。歪んでます愛が歪んでます。ああ素晴らしい。

窮鼠はチーズの夢を見る(水城せとな)*
俎上の鯉は二度跳ねる(水城せとな)*
…鬼。本当に素晴らしい。昼ドラ並に、ねちっこい愛憎劇。へたれリーマン受け万歳。

アイツの大本命(田中鈴木)一~二巻*…bl界における「ブサイク受」ブームの火付け役。面白かったがblである必要は感じない。むしろ少女漫画でやった方が面白いと思った。

モノクローム・ファクター(空迺カイリ)一~六巻…キャラソンが気に入って本編をまとめて読んだ。漫画の中なのに実力主義で手厳しい世界で主人公お疲れ様。キャラソンはちなみに小野Dと神谷。

セブンデイズ(橘紅緒+宝井理人)全二巻*…blである必要皆無。悪いが本当につまらなかった。

オヤジ回廊へようこそ(みささぎ楓季)全二巻…鬼畜眼鏡原画師、みささぎ楓季がひたすらオヤジ受への愛を語るエッセイ漫画。7年もオヤジをネタにエッセイが描けるなんてホンモノだ。

幻覚ピカソ(古屋兎丸)二巻…ジャンプスクエアで連載する兎丸。希望がありながら毒々しくて良い漫画です。

リピート・アフター・ミー?(不破慎理)*…これもblである必要皆無。

LOVE,HATE,LOVE(ヤマシタトモコ)…ヤマシタトモコによる非bl。バレエダンサーの夢を諦めた20代後半の女と一回り上の大学教授の不器用な恋愛。これが、また何故か普通に良い作品だった。

純情ロマンチカ(中村春菊)十二巻*…惰性で読んだものの「ああ、畜生、やっぱり面白いじゃないか!」本気で悔しい。

咎狗の血True Blood(森田柚花)…可愛過ぎる咎狗。やっぱり茶屋町バージョンに敵う狗コミカライズは無い。

YES IT'S ME(ヤマシタトモコ)*…なんで毎度買ってしまうのか。しかし今まで読んだヤマシタトモコ作品で一番良かった。

ブラック・パラドクス(伊藤潤二)…ホラー漫画。グロ。楳図かずおよりはグロくなくて綺麗。少女の顔が割りとタカト顔。

海月姫(東村アキコ)一~二巻…荒んだ腐女子の女が集って暮らしているところに女装の美少年が現われてワー!という話。本当に腐女子が気持ち悪く描かれていて容赦ないな。と思った。

di[e]ce(山本佳奈+咲木音穂)一巻…いつの間にかゲームの世界に取り込まれている話。これは続きが気になる。ああ、こんな事ならいっぺんに買えば良かった。絵が綺麗よ。


意外に読んでるもんだなぁ。

うほ

漫画版咎狗の今月発売の本誌で、素晴らしい展開があり、本当にヒエ!!と叫んだ。ゴロゴロとのたうちまわった。死にそうである。仕事も手に付かなかった、帰路は早歩きだった。酸欠である。

本気で生きてて良かったと思った。
かなり重症である。



「コミックビーズログキュン」名前からして得体の知れない雑誌を勇気を持って買って良かった。

ただし、狗以外の漫画は本気で読む気がしないし読まない。本気で興味がない。腐女子彼女の漫画版とか死んでも読まんな。
そんなファンを考慮してか、狗は本誌から独立して付録冊子連載。


とにかく素晴らしい展開に目が冴えまくってます。


なんせゲーム本編の各ルートのストーリーを踏みながら、独自のストーリーを行ってるので、全く先が読めない。ああああああ。

そして確実にクライマックスに進んでます!!

ゲーム本編では、ルートによって攻略キャラクターの生き死には様々。
誰かをとれば、誰かが死ぬ。というような図式(ex.リンを選べばケイスケとシキが死ぬが、シキを選べばケイスケとリンが死に、ケイスケを選べば誰も死なない。)でしたが、漫画版では…

漫画版ではどうなるのでしょうか?!

誰が生き残り、誰が殺されてしまうのでしょうか!

そして本来は「小」冊子であるはずだったものを「大」冊子に変えさせてしまうような熱烈かつ手厳しいファン達を上手くまとめるエンディングはいかがなものなの?!

2005年2月発売のゲーム本編。もうすぐ四年も経つのに、この熱さ…!

ああ、これがBLゲームの底力!!

さて、再来月の次号発売までに、もう一回りゲームをプレイし直そう!

ああ!離れられない!!私は、どうしても狗から離れられない!!

科学と学習

自宅の食卓テーブルの話をしていてT谷さんが

「私ん家のダイビングには大きなテーブルあってね。」




リビングもダイビングなんかと混同されて、さぞ困惑しているでしょう。


vitaminXを思い出しました。

ex)「そんな事お茶漬けサラサラだ」

即座にツッコミボタンを押して、「それを言うならおちゃのこさいさい」
もしくはスルーボタンを押して「確かにお茶漬けみたいにサラサラいけるわね」
と指導しなければならない。



現実に戻って、
「それを言うならリビングです。」
心のツッコミボタンを押しました。



結論として、食卓のテーブルがデカいテーブルであればあるほど端から物置化するという話。

なんてくだらない話だ。

なんか変な夢をみた。

私は30代男性で、会社寮で働きながら暮らしてるんだけれども、嫌になっちゃって、ある日飛び出してしまいまして、
で、フラフラしている時にちょっと痛い女と知り合いになりまして、イイ感じになるんですが、なにせ住所不定無職である事はバレたくない。

で、デートの約束まではフラフラしてヒゲとか剃ったりして、待ち合わせ場所にイソイソと行く。と。

頭に所持金2000円あまりでどうしようかしら。と超不安感。

そこまで気に病むほど自分はその女が好きなのか?と逆に自問自答。

そういえば、自分の今までの恋愛遍歴って…と思い出したら

「あっ俺ホモだった」



ここで起床。自分としては終始しんどい夢でした。


特に会社寮にいる時が長くて辛かった。なかなかなかなか仕事が掃けない。
ふと掃けた瞬間逃げるんですが、意外に誰も自分が逃げてる事に気付かない。あの切なさ。
気付かれて引き戻されたかった気持ち半分。


寝る前から不安感があって、その不安というのが、

なんで、こんな人間的に未熟な私が社会で働いてるのか?と急に疑問に感じて、本当に恐怖にかられてしまいました。

もしかしなくとも社会は人間出来て無い未熟者ばかりなんじゃ…

ヒィ恐ろしい。

それは妄想部位だから置いておくとして、なにはともあれ、自分が恐ろしい。


「私は大人ごっこしている子どもなんです!」と叫んでまわりたい。

過去現在未来

余力があったので自分の人生でハマったものを振返ってみた。

(生後~中学生)
ドラえもん、ふしぎ遊戯、レイアース、金田一のドラマ版、忍たま(腐女子的な意味合い皆無)、キューピー人形、紙粘土、マイキャラクター、吹奏楽、少女漫画誌、MALICE MIZER、パタリロ、ベルばら、大槻ケンヂ、インタビュー・ウィズ・バンパイヤ、たこ焼き
(高校生)
萩尾望都、竹宮恵子、木原敏江、山岸涼子、聖徳太子、蘇我氏、世阿弥、能、仮面、スケキヨ、オペラ座の怪人、みうらじゅん、ボードレール、ベニスに死す、ヒカルの碁、デスノート、浅田寅ヲ、阿修羅、帝釈天、四天王、十二神将、澁澤龍彦、陶芸、よしながふみ、山本タカト

(2007年度・GF年度)
ジェンフリ、山本タカト、中村明日美子、古屋兎丸、たこ焼き、もやし、餃子、ダリ

(2008年度・ヤンプロ年度)
ヤンプロ、夜勤、高畠華宵、ニジンスキー、純情ロマンチカ、咎狗の血

(2009年度・仲居年度)
カリガリ、BLゲーム、人形




永遠の興味関心対象(推定)

パタリロ
仮面
MALICE MIZER
山本タカト


様々な興味関心あってこその今の私の思想。原点回帰しよう。
私を取り戻そう。

一段落

昨日は斎場に雑魚寝。
本日は故人の家で従姉妹と従姉妹の友人と私で雑魚寝。

なんですが本当に本当に心底、私の家が恋しい。私の癒し空間に帰りたい。

ここは従姉妹の癒し空間で壁一面に赤西仁ポスター。膨大なVHS、DVD。
「じん」と書いたウチワも…

ジャニオタ。専攻がKAT-TUNとジュニア。本人いわく「うちショタコンやねん」


何故か、天てれの録画を見せられる。


完全にベクトル別方向のオタク。

落ち着かない。


しかし、根っこが一緒なのか、落ち着かないけれども、理解出来ないわけではない。


モー娘。w-inds.ジャニーズとアイドル路線街道を突っ走った彼女。



もしも生まれた家が逆だったら私も今頃愛読書はポポロかも知れない。


なんとなく趣味への取組み方に自分と共通点を感じる。

訃報

急な心不全で亡くなった母方の叔母は享年47。
第一発見者は従姉妹。死後15時間経過した状態の姿を発見。
死後硬直に「あっだめだ。」と直感で感じたものの110番した先で心臓マッサージを促され、やる。
その振動で口が開き、おびただしい量の血が出て来たそう。

「その時の事が忘れようとしても忘れられない。」そりゃあそうでしょう。

私は知らなかったのだけれども実は叔母夫婦は二年ほど前に離婚しており、

「うち、戸籍ひとりになんねんで」との事。

19には、ちぃと重過ぎませんか?

これからの事後処理や引っ越し手続き、奨学金やら、保険金の受け取り手続きやら、事務的な事も大変ですが、瞼に血まみれの母親を張り付いている彼女のメンタルの正常化も大変です。

なにより、離婚してしまっていて、親族が極端に少ない状態。

MTRはさっさと「仕事」と言って帰り、HDKと祖母は体調が悪くて帰り、姉は明日朝から仕事なので帰りました。

残されたのは私と叔父夫婦(HDKの弟)。と別れた旦那と喪主。
と故人の親族より親しい友人数名。


誰がしきるか?誰が本当に故人を思って仕切れるか?喪主を思って仕切れるか?

難し過ぎます。

我が家の感情の魔術師、御姉ちゃんがいれば、冷静かつ情熱的な判断と采配が出来るのですが………

自分の凡庸さが悔やまれます。


何も知らないのに、何もかも「喪主」だからという理由で丸投げされている従姉妹が本当に気の毒で、メンタルも事務処理も救ってあげたいと思うのですが、なかなか難しい。

やはり私は凡庸です。

本当に。

葬式の回数に定評のあり

おばさんが急死しました。??????????

なぞです。

とりあえず仕事を明日は休んでお葬式です。本当に心底なぞです。

なんで喪主が従姉妹(19)なのかも意味不明です。

とにかくビックリ。

実家でPOOH

実家でグダグダしています。
やはり視野が広がる家です。
テーマは「人生とは」「家族とは」です。

御兄ちゃんの捜索願だそかな~と思って。とHDKに言ったら

「それは信用しなさすぎ!」と何やら地雷を踏んだよう。

で、でも今やったら生きてるか死んでるか分からんし…

と言えば

「私はあの子を一人で生きていける子に育てた!」

えっ…でも保険もないし、身分を証明するものも持ってないし…


「アンタが高校時代、部活で深夜になってもなかなか帰って来ない時、私はガミガミ言わなかった。
信じて待ってたのよ!!」

「ギャーギャー騒ぐのの方が簡単だけど、ジッと見守る事が大切!!」

犯罪を侵すような事もないし、簡単に死ぬような事もないと信じているそうだ。彼女にとっては捜索願を出す事は「無理矢理捜す」事で信用していない事になるようだ。


彼女曰く「放任」ではなく「見守っている」のだそうだ。


いやぁ、初めて知りました。(笑)

私が思うにですね。子ども皆、誤解してますよ「放任」だと。
てか、「放任」の後付けとしか思えない。

探しだして兄が目茶苦茶に落ちぶれていた時、自分の教育とか主義が間違っていたかも知れない。という事を認めるのが怖いだけでは?

もう破天荒な兄と関わりたくないだけでは?



思えば幼少期より「あんたの勝手や」「お前の勝手や」と両親ダブルで自由意思を尊重させられまくり、それはそれは素晴らしかったけれど、逆にある意味、暗闇だった。「私の勝手」が分からなかったから。

「本人に任せる」はあなた方にとっては最高の言葉かも知れないけれども、時として突き放されて聞こえる。
つまり「俺らに考えさせんな」と。



で、HDKが何処かに消えると今度はMTRの愛人との話です。

なんと愛人が癌である事が発覚し、30まで生きれる可能性が50%だと言うのです。なんたる悲劇。
最初はMTRを邪魔に思った愛人がついた嘘かな。と思ったのですが診断書も見たそう。そこまで偽造する労力と知恵があれば、もっと早くに金だけ貢がせてトンズラするやろ。


MTRは「でも人間いつかは死ぬんや。ワシもお前もいつか死ぬんや。それが運命や。」


なんか変な感じがする。恋愛ってそんなもんか?もっと抗わないの?一緒に死ぬ!とか騒いだりしないの?それとも達観してるの?


ふと気付く。「あぁ私、生身の恋愛した事ないから分からないんだ。」

凄まじい敗北感。でも、そんなドラマ性に欠けるような恋愛。興味ないね。


片方が癌ならギリギリまでつききっきりで闘病して、もうダメだってなったら二人で逃避行の後、心中。いやはやコレしかない。私的にはコレしかない。



「お前、相手おらんのやったら予備校繋がりで誰か紹介するか、何か企画したろか?」

断固「NON!」と答えました。


私と恋愛を近付けさせないで!!

そのヒトコトに尽きます。
美しくあってほしい恋愛に美しくない私が介入してはいけない。
恋愛とは私が無暗にして良いようなものではないのです。



「早くお前結婚しろや。そしたら働かんくても良いで。」


NON!!NON!!!!

①結婚はそんな理由ですべきではない。(もっと崇高な愛の果てにあるべきである)

②結婚した女には労働以上の労働が待構えているに違いないと思う(メンタル面の疲労も含めて)


あまりに浅はかな言動に驚愕しました。



油脂の話を聞いても思いましたが現実の恋愛、ドラマ性に非常に欠けます。欠け過ぎます。

なので、愛人も50%を生き抜いて30歳も超えられるんじゃないかな?と思います。

ドラマティックに死ぬなんて事。ないと思う。


だからMTRは醜悪な恋愛に御似合いの展開を楽しめば良いよ。末永く生恥を晒したまへ。

BLゲームまとめ

冷静に日記を読み返したら、私がBLゲームという分野への愛をブログに晒し出したのは4月からである。
その5ヵ月前の11月から私は咎狗の血true bloodをプレイし始め、ドツボにはまり、フィギュアまで購入するほど盲目的に愛していたのだが、当時の私は理性的だったのでブログにまで晒す事はなかった。
中退し就職し、ネジが一本抜けたのか、それとも増えたのかは分からない。だが私の中での価値観の何かが崩壊した事が確かである。


とはいえ一区切りついて、そろそろ徐々にこの背徳的な趣味から脱却していこうとおもう。その前に…プレイバック。「私とBLゲーム」

今迄やったBLゲームと、その関連商品の個人的な感想をまとめよう。(糞長いし内容が無いので、誰も読み飛ばさずには最後まで行けないだろう。)


学園ヘヴン(アプリ、PS2版15禁)
…(本編)攻略キャラが9人もいる必要は、あまり感じられない。しかしイラネェと思ってるキャラに限って泣ける(岩井、滝)のは憎い。
割りと進行などが乙女ゲーム的なゲーム。
遠藤ルートが一番核心に迫ったルートであり、まさに公式ルートだけども私は七条ルートが捨てがたい。
元祖鬼畜眼鏡、中嶋は、やはり唐突にエロ方面に持っていく。15禁のギリギリに挑戦していた感がある。鬼畜のキーワードは「お仕置き」が定番。
何を、どういう権限があって仕置く必要があるのか分からないから、あまり私は好きな言葉ではない。
あの主人公に中嶋を合わせるのは両方に勿体ない気がする。絶対、ベストエンド後あいつらは近い内にダメになると思う。
やはり正規ルートは遠藤。

(漫画版)中嶋編は丹羽との過去を描いた番外編の友情に萌える。
七条編はゲロゲロに甘すぎて萎える。
他に丹羽編と遠藤編がコミカライズされていて読んだけど記憶にない。
(小説版)七条編のみ読んだ。ウッホー!!となった。
(WEBラジオ)福山潤の噛みっぷりが愛しい。また福山潤は作品を正しく理解している気がして非常に好感が持てた。先輩声優への気配りが大変そうに聞こえた。

(アニメ版)なぜかクセになる。オープニングの福山潤の語りがとても好きだ。動くと岩井ですらカッコいい。無理矢理BL臭くしてる感も多々ありき。

純情ロマンチカ~恋のドキドキ大作戦~…漫画原作のゲーム化。漫画本編にも急速に飽きるほど糞ゲー。これをやって漫画は漫画。ゲームはゲームだ。と悟る。

咎狗の血
(本編)…PC版、PS2版共にクオリティが高く素晴らしかった。非常に私のツボにハマってしまい、今も支配されている。何がそんなにと言われると上手く説明できない。全体的に。
ああいう近未来で若者が殴り合いしているような設定に実は割りと弱いのかも知れない。
腐女子コイコイと名高いシキルートは、その場で多大なる萌えをくれたが、今となっては噛めば噛むほど味が出るnルートも捨てがたい。
恐らくBLゲームでなくとも好きなゲームである。また、そのクオリティに時としてBLである事が悔やまれる。


(ファンディスク)ファンディスク『キラル盛』では咎狗ポーカーが楽しめる。地味に…すごく地味に面白い。

(サントラ)DJミックスのCDが非常に良い。掃除の時は必ずこれをかける。いきなり我が家がスペクタクル。

(漫画版)茶屋町が描く咎狗は現在7巻まで発売中。45万部突破中。BL表現一切カットにも関わらず面白い…らしいが、ちょっと私にはコマワリが難しすぎて理解しにくい。(補足、読み返しにより後に理解。大変面白い)

(WEBラジオ)鳥さんがパーソナリティー。何故かゲストに偏りがある。大人の都合がかなり見え隠れする。
初回の緑川ゲスト配信時はアクセスが殺到しサーバーが落ちた。
罰ゲームが毎度面白い。
鳥氏が非常にマッタリとしており時に苛立ち、時に安らぐ。

(フィギュア)ワンコインフィギュアの虜。特にグンジの造形美に殺られる。
1/10サイズの私服フィギュア、軍服フィギュアは一体に一枚ドラマCDがついており、その内容が非常に愉快。

(小説)ニトキラが出している外伝は面白かった。リブレ出版が出している小説は素人並のクオリティで残念だった。

(各種ムック本)色々出していて、色々読んでいて把握出来ていないがオフィシャルワークスは非常に良かった。

(ドラマCD)シキ版だけ聴いた。本編をなぞっているだけで残念な出来。

(各種グッズ)メモ帳や絆創膏など細かいものから、香水、ピアスetc…そうとうな種類のグッズが出ていて把握出来ない。ソリドの再販をひたすらに待望んでいる。死ぬまでに食べてみたい。
11月に発売予定の『キラルの森ワンコインフィギュア』は期待値が高すぎる。予約しよう。

鬼畜眼鏡
(本編)笑って泣いた。『BLゲーム』としては最高峰。エベレスト。どの組み合わせが…というよりは佐伯克哉にひたすら萌え萌えするゲーム。眼鏡かけてようがなかろうが佐伯克哉は佐伯克哉で素晴らしい。
また、一人の二人を演じ分けた平井達矢は素晴らしい

(ファンディスク)本編よりも萌えのパラダイス。これで完全にキチメガに落ちた。鬼畜養成タイピング鬼畜打は秀逸。

(ドラマCD)本編より18禁色が強い気がする。が、本編は18禁でドラマCDは年齢制限なしのパラドクス。眼鏡装着版は本多、非装着版は御堂エピソードがとくに素晴らしい出来だった。秋紀は空気。

(漫画版)
克哉×御堂編。圧縮しすぎていて展開が早すぎて混乱する。書き下ろしに萌え。

本多×克哉編。連載中。こないだ見たら、まるごとカレーを食べていた。これからどんどん暗くなる。

(小説)
キチメガの小説といえばミドカツと相場が決まっている。個人的に最高峰の萌え。かつや―――!!!!!

(キャラクターソング)
なんと眼鏡克哉とノーマル克哉によるデュエット。歌はノーマルのほうが上手い。
昭和テイストの曲調は耳に張り付いて、決して離れない。転調後が好きだ。

(ビジュアルファンブック)過剰なほどのファンサービス。キャラクターの24時間の動きまで把握出来…てどうする。

(各種グッズ)琴線に触れるものは出ていない。


コイビト遊戯
(本編)キチメガ的要素とキチメガ声優を求めてプレイ。変態くささはこっちのほうが上だが内容その他諸々はキチメガに勝負も挑めない。
トラウマレベルは高く、飢えた犬をけしかけられるエンドは未だに思い出して身の毛もよだつトラウマ。
また、キチメガでお馴染み平井達矢の神演技はここでも健在。ヒステリック受けに萌え。

(ドラマCD)vol.1のみ聴いた。平井達矢声のキャラクターがヒステリーを起こして叫びまくる。そこだけ何度でもリピートしたい。

薔薇の木に薔薇の花咲く
(本編)70年代少女漫画ぽさを感じ取り、手に入れたものの、ほぼ未プレイ。放置中。フルボイスではなく要所要所でボイス付。全体的に時代を感じる出来。発売は2003年。
カップリングの融通が利き過ぎて逆に攻略しにくくて困っている。同時進行で二組も作っても楽しくない。

ラッキードッグ1
(本編)OPムービーに惚れたのと、またしてもキチメガ声優を求めて…平井達矢と浅野要二出演。
マフィアもの。絵が自分の趣味に合わない。萌えも特に。ただしジュリオに関しては別。
どうやら私はヤンデレが好きだ。彼のBADは素晴らしかった。
このゲームの一番の魅力は飛び交うスラング、罵り言葉のかっこよさ「ふぁっく」「しっと」を始め「かっつぉ」「ぶぁっふぁんくーろ」など聞いたこともない罵り。本当に「ふぁっきん・くーる」なゲーム。ただしエロは非常に要らなかった。
平井達矢の神演技はここでも健在で、血の気の多い馬鹿を見事に演じていた。


(ビジュアルファンブック)ページ数が多く非常に内容の濃い本。フルコンプまであと10%ほど足りないのは、この本のチャートを見て集めようと思う。

sweet pool
(本編)これぞ鬼畜ゲーム。本当にあらゆる意味で泣いた。まず雰囲気が恐くて半泣き。次に緑川演ずるキャラが恐くてやっぱり半泣き。血とか肉とか恐くて半泣き。BADエンドのカニバリズムが恐くて半泣き。幸せになるルートがなくて大泣き。プレイ後放心状態の腐女子を続出させたに違いない。とにかくDEEPすぎて上手く語れない。素晴らしかったけど、萌えはなかった。恐らく絵が原因。

(ファンブック)可もなく不可もなかった。

(裸セット)素敵なセットだった。さすがに一人暮らしでも胸板マウスパットは使用出来ない。


(ライブDVD)「THE CHIRAL NIGHT~meets sweet pool~」良かったには良かったけれども、やっぱりゲーム音楽はゲームで聴くのが一番かなぁ。と思った。アルビトロの声優、岡野浩介の扱いが可哀相だった。緑川も鳥海も相変わらずのノリだった。

Lamento~Biyond the void~
(本編)
長い。本当にキラルには試されてばかり。攻略対象キャラが出て来るのに三時間は掛かったと思う。世界観が素晴らしいキラルのゲームの中でも特に独特の世界観でもって私を魅了した。
ライルートBADが本当に好きだ。フラウドが好きだ。このゲーム自体が好きだ。萌えとか萎えとか関係なく好きだ。
しかし完璧すぎて、クオリティが高すぎて評価を逆に下げているイメージ。私にとっても一番好きなゲームにはなりえない。

(ファンディスク)キラル盛ではタイピングゲーム猫打と落ち物ゲームクィムスがプレイ出来る。
猫打の鬼畜さに脱帽。頑張ってアサトに向かってタイピング中。

(サントラ)楽曲全体がケルト音楽ぽい。普通に素晴らしいアルバム。ラテン語の楽曲を歌えるようになろうと訓練中。
アレンジアルバムはサンバテイスト。これまたノリノリで素晴らしいアルバム。

(漫画版)一巻。以降続刊。早く続きが読みたい。

(フィギュア)ワンコインフィギュアの虜。
1/10フィギュアはライだけ購入。コトブキヤのクオリティの高い仕事に溜め息しか出ない。附属のドラマCDも素晴らしかった。

(各種ムック本)改めてキラルの仕事のクオリティに嘆息。



結論として言うと現段階での私のBLゲーム順位は

1位咎狗
1位キチメガ
3位lamento
3位学園ヘヴン



現段階での声優順位は

1平井達矢
1平井達矢
1平井達矢
4グリリバ
4グリリバ
6森川

現段階でのキャラクター順位は

1佐伯克哉
2シキ
3ジュリオ


ということです。うむ。


今後は
①nitro+CHIRALで新作が出た場合
②sprayでTAMAMIシナリオの新作が出た場合
③nitro+CHIRALもしくはsprayでTAMAMIシナリオの旧作が移植された場合
のみ一生懸命プレイしようと思います。

あっ

本気でDVDと人形片手に実家に帰ろうとして、フッと気付いた。

実家、DVDプレイヤーないんだった…。


よく、そんなアナログすぎる家で18年も過ごせたなぁ。

仕事

インフルエンザと、何より台風のお陰でフッと休みが沸いて出ました。


仕事は相変わらずですが、25歳仲居が良い感じです。静かに鋭利な切り込みを入れて下さいます。
今まさにテーブル上につけてる料理に「…不味そう」とか最高です。

内部抗争に関してもヒトコト「小学生みたいですね。」

寡黙で眉間に皺を寄せながら、たまに唸りながら仕事をする室蘭出身の彼女が割りと好きです。

内部の憎しみあい、足の引っ張り合い、ミスのなすり付け合いが、やはり日常茶飯事です。

また各パートに「鬼」(仲居、事務所、調理場、セット班、洗い場に各一名ずつ「鬼」がいます)。そして我が仲居部にはトラブルメーカーのY田が肩を壊して

「いってぇ!!!いってぇよ!!兄貴!!肩があがらねぇ」と、まるで当たり屋のように喚いています。
いえ、実際はそんな口調じゃないですが、ことごとく私達のモチベーションを下げる発言をして下さいます。

また、その肩に関しても皆冷たくて、恐い。


T谷(61)「誰でもなるんや。(暗喩的に痛くても堪えろと言っている)」

大多数、半笑いで「それは40肩だ。(暗喩的に「んなもん大した事ねぇんだ」)」

事務所の鬼(半笑いで)「野球選手じゃないねんから」


どうしてY田が肩を壊したか、私的な分析をした

①本人的要因40%…彼女はまるで何かと競争しているかのように無茶をして重い物を持つ。また忙しくない時でも急いで仕事をする。
まわりが「そんな無茶したら身体壊すよ」と言っても聞かない。

②仕事的要因60%…そんな調子に乗って無茶をして自分を痛め付けて満足感を得ている彼女を利用して、更なるハードな仕事の指示をする。また、持ち場所も戦場のような場所を与える。


つう事で会社は60%くらいの責任をとってやるべきである。

彼女が本当に肩が痛くて休みをくれと言った時、断ったというのだから驚きだ。
別に本人が故意に肩を壊したわけではないのに…



とはいえ合間をぬって彼女は病院に行き、注射を打ち、だいぶん楽になったにも関わらず、誰にも「少しマシになった」と言わないあたりが、いやらしい。

彼女が言うのは、会社の悪口と自分の身体の不調だけで、

決して会社の良い事と自分の身体の好調は口にしないのである。

まるで、それを言ったら「負け」であるかのように。


そんなY田でも台風とインフルエンザでフッと沸いた休みに喜んでいるだろう。と思いきや


「休みいうても何もする事ないし、遊んでくれる人もおらんから、どうして良いか分からんわ」




…キミ、一生仕事してたら良いと思うよ。
プロフィール

ムチ麿+

Author:ムチ麿+

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。