スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

対子ども

小さい時から客商売の人間に「子どもだから」という理由でタメで接客されたり、舐めたような口を聞かれるのが嫌だった。道端で大人には配るティッシュを自分に配らないのも腹立たしかった。


なので、百貨店の時から子どもも客というスタンスでやってきた。カラオケ屋のティッシュも子どもにも配った。
通常「今からカラオケいかがでしょうか」と配るところを子どもは夜は利用出来ないので「また機会があればおねがいします」と配った。


しかし、仲居を始めて、やはり或る程度子どもには馴々しく接客したほうが良いのかな。と思い出した。

昨夜のような、おかわりの回数を競っているような中学生男子には「申し訳ございません。もう少々お待ち下さいませ。」と言うより「ちょっと待っててね。今持ってくるからね」のほうが逆に丁寧なのかも知れない。

自分がされたかった事をしたいと思うが、自分がされたかった事が他の人もされたかった事かどうか分からない。

今考えたら、小さい私にタメで接客してきた人間も自分がされたかった接客をしていたのかも知れない。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ムチ麿+

Author:ムチ麿+

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。