スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

訃報

急な心不全で亡くなった母方の叔母は享年47。
第一発見者は従姉妹。死後15時間経過した状態の姿を発見。
死後硬直に「あっだめだ。」と直感で感じたものの110番した先で心臓マッサージを促され、やる。
その振動で口が開き、おびただしい量の血が出て来たそう。

「その時の事が忘れようとしても忘れられない。」そりゃあそうでしょう。

私は知らなかったのだけれども実は叔母夫婦は二年ほど前に離婚しており、

「うち、戸籍ひとりになんねんで」との事。

19には、ちぃと重過ぎませんか?

これからの事後処理や引っ越し手続き、奨学金やら、保険金の受け取り手続きやら、事務的な事も大変ですが、瞼に血まみれの母親を張り付いている彼女のメンタルの正常化も大変です。

なにより、離婚してしまっていて、親族が極端に少ない状態。

MTRはさっさと「仕事」と言って帰り、HDKと祖母は体調が悪くて帰り、姉は明日朝から仕事なので帰りました。

残されたのは私と叔父夫婦(HDKの弟)。と別れた旦那と喪主。
と故人の親族より親しい友人数名。


誰がしきるか?誰が本当に故人を思って仕切れるか?喪主を思って仕切れるか?

難し過ぎます。

我が家の感情の魔術師、御姉ちゃんがいれば、冷静かつ情熱的な判断と采配が出来るのですが………

自分の凡庸さが悔やまれます。


何も知らないのに、何もかも「喪主」だからという理由で丸投げされている従姉妹が本当に気の毒で、メンタルも事務処理も救ってあげたいと思うのですが、なかなか難しい。

やはり私は凡庸です。

本当に。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ムチ麿+

Author:ムチ麿+

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。