スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

うほ

漫画版咎狗の今月発売の本誌で、素晴らしい展開があり、本当にヒエ!!と叫んだ。ゴロゴロとのたうちまわった。死にそうである。仕事も手に付かなかった、帰路は早歩きだった。酸欠である。

本気で生きてて良かったと思った。
かなり重症である。



「コミックビーズログキュン」名前からして得体の知れない雑誌を勇気を持って買って良かった。

ただし、狗以外の漫画は本気で読む気がしないし読まない。本気で興味がない。腐女子彼女の漫画版とか死んでも読まんな。
そんなファンを考慮してか、狗は本誌から独立して付録冊子連載。


とにかく素晴らしい展開に目が冴えまくってます。


なんせゲーム本編の各ルートのストーリーを踏みながら、独自のストーリーを行ってるので、全く先が読めない。ああああああ。

そして確実にクライマックスに進んでます!!

ゲーム本編では、ルートによって攻略キャラクターの生き死には様々。
誰かをとれば、誰かが死ぬ。というような図式(ex.リンを選べばケイスケとシキが死ぬが、シキを選べばケイスケとリンが死に、ケイスケを選べば誰も死なない。)でしたが、漫画版では…

漫画版ではどうなるのでしょうか?!

誰が生き残り、誰が殺されてしまうのでしょうか!

そして本来は「小」冊子であるはずだったものを「大」冊子に変えさせてしまうような熱烈かつ手厳しいファン達を上手くまとめるエンディングはいかがなものなの?!

2005年2月発売のゲーム本編。もうすぐ四年も経つのに、この熱さ…!

ああ、これがBLゲームの底力!!

さて、再来月の次号発売までに、もう一回りゲームをプレイし直そう!

ああ!離れられない!!私は、どうしても狗から離れられない!!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ムチ麿+

Author:ムチ麿+

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。