スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クッション

男のオタクは美少女キャラの等身大クッションを抱き締めて寝るイメージで、実際そういったクッションカバー及び本体が多々、市場で見られる。
私の抱く印象としては「男のオタク特有の発想による、なんとも不気味な文化」
つまり小馬鹿にしていた。


が、等身大ではないものの女性オタク向けのジャンボクッションを今回初めてネット上でみてしまった。
なんと私の現在のソウル・ホビーである咎狗より。


製品説明「漆黒の軍服を身に纏ったアキラとシキ。
作中の「あのED」が思わず色鮮やかに蘇ります。
それぞれの手に絡みついた鎖の先にいるものは・・・」

表面が半裸なのに手袋を片方装着したノーパンぽいアキラァ
裏面が軍服はだけたシキティ

大爆笑。エロエロクッションである。恥ずかしいぞ。これは恥ずかしいぞ。裏も表も恥ずかしい。

私も例に漏れず軍服エンドが一番好きですが、さすがに要りません。

なにより一人ずつ両面に印刷することで一度に片面ずつしか認識できないなんて、切な過ぎます。常に二人は背中合わせ?そんな鬼みたいなクッション見ていて切ないじゃない。


狗オタク達のクッションの反応と需要が非常に気になり、久し振りに某巨大掲示板サイトで検索しました。

クッションに対し困惑の声(「置けない」「はだけすぎて軍服か分からない」)が多々ある中、

「開きにして二人並んだ暖簾にする。」

カップリング愛はクッションを開きにするのか。と感動いたしました。

少なくとも彼女の家では背中合わせではない二人が存在するわけです。南無三。

もしかしたら私が認識していないだけで他にも女性向けキャラクタークッションは過去出ていたのかも。と調べましたら、やはり乙女ゲームに先を越されていました。

コルダ、遥か、アンジェリークなど。

うーん。こちらも果たして需要はあったのでしょうか?非常に気になります。

持っている方がいたら紹介して下さい。
部屋のどこに置いてるんだろう。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ムチ麿+

Author:ムチ麿+

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。