スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

漫研

漫研でした。

ひたすら薄桜鬼のドラマCDが掛かっていたんですが…

死にそうになりました。


…斎藤が可愛くて!


沖田がトシゾウとつけた犬に平伏す斎藤…
桃太郎(沖田)につかえる犬(斎藤)…
竜宮城で鯛(沖田)と舞い踊る平目(斎藤)…


ドラマCDは主人公の存在がなく、ふさげたものばかりだったので純粋に楽しめました。

普通にイケイケな沖田のキャラソンも、音楽の教科書に載ってそうな斎藤のキャラソンも聴けました。

声の問題もあり、私の耳は斎藤ボイス受信機でした。「とりさんとりさんとりさん!」

咎狗アキラを聴いてから鳥インフルエンザ。
声と結婚出来るなら、あの声と結婚したいね。
出してる人はニット帽子のオジサンだけど。

にしても薄桜鬼…
…乙女ゲームであることが心底憎い。

BLで斎藤が主人公なら、薄桜鬼は私の大好きなゲームになったと思う。
そして原田ルートが最大の萌えルートだと思う。

BLでなくとも、とにかく、彼女…あの蘭学者の娘さんさえいなければ…。

もっと楽しめるんだけどなぁ。


攻略しようとしたら、好きなキャラが彼女のものになっちゃうなんて堪えられないわよ。

鬼畜な沖田を優しい奴にしてしまう主人公が…

嫌いだ。


受けオーラ漂いまくるキャワイイ斎藤をただの無口でクールな男にしてしまう主人公が…


…憎い。


せめて彼女が小太刀で闘えたら…いや、むしろ彼女が攻めれたら…。


STEALにしても自分の趣向との兼ね合いが難しいわ。

私は何が見たいって、魂のぶつかり合いよ!お互い一歩も譲っちゃいかんのよ!

流されるなんて論外よ!相手の人生を崩壊させなきゃ!!


…ゲームに私は何を求めてるのかしら。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ムチ麿+

Author:ムチ麿+

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。