スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

漫研

漫研でした。
〆切りでした。

本編はボコさんにトーン貼りを超手伝って貰い、完成。
トーンの見本市みたいにトーン漫画です。背景…描けません。
今考えたら効果線とか練習がてら、もっと描きゃよかったわ。

いや、時間ないわ。く…。


表紙は…また来週!


懺悔室を聴きすぎて、神父への憧れがMAX。神父がはじめ。神父ではじめ。神父のはじめ。神父にはじめ。神父とはじめ。

ああ、少しずつ変化しながら流れ出す想像が止められない。



とはいえ「はじめ@七変化」の完成は秒読みです。ひとえにボコさんのお蔭です。期限を決めてくれたり、やることをまとめてくれたり…ありがとうございます。


表紙を塗るのも楽しみ。製本されるのはもっと楽しみです。かなりコワイケド。



今回の作業に私は自選鳥海キャラソンCDを持参していったのですが、やはりボコさんもメアリーさんも千石が一際輝いて聴こえたようです。

「♪ヘイヘイヘーイ」
と歌う度に笑いました。
最終的に歌う前に構えました。


くそ!耳にこびりつきやがる!!



で一度、千石と認識すると、もう鳥海ボイスは総て千石に聴こえまして、
カッコイイ曲もエロい曲も

「おい、キヨズミ!なにうたってんだよ!ヘイヘイヘーイ!」

となります。


これはまずい。


とりさんは素晴らしいツンデレボイスなんですってば!ヘイヘイヘーイ!


「…っく」
とか
「……ッッかはっ!」

とか言わせたら天下一品なんですってば!
センゴクみたいなキャラがイレギュラーなんですってば!



漫画ですが、トーンが超超余ってますので、まだ描きたいです。
いや、余ってなくても描きたいです。
描かせて下さいお願いします。漫画の神様が嫌がっても私は描きたい。

古くは幼稚園、小学生時代から漫画が描きたかった。中学生時代も描きたかった。高校生時代に無理だと諦めた。ジェンフリ時代は忘れてた。やんプロ時代はたまに描きたかった。仲居になって苦しいくらい無性に絵が描きたくなった。
そんな中、キッカケが出来て本当に嬉しい。小学生の私も中学生の私も高校生の私も…時代を超えて総ての私が嬉しがっている気がする。

メアリーさんが気まぐれに言い出した事だけど、絶対、このキッカケを離すもんかと思ったし、今も思ってる。



竹宮恵子は漫画の書き方を書いた本で「自分の本名を使って世に出せないものは描くな!!」と言っておりました。

それくらいの覚悟を持って漫画を描けということ。
自分の書いたものには責任を取れという事。
中途半端な気持ちで描くな!と。これは30部の同人誌であれど同じでしょう。
真剣に、伝えたい事を描かなきゃならぬ。

…私はまだまだ半端な気持ちと、それ以上に稚拙な技術しか持ち合わせていない。
今後、技術が発達する事はないかも知れない。才能がない可能性が大いにある。というか、まずないだろう。
それでも描きたいのならば、せめて気持ちは半端ではなく、真剣に取り組みたい。

次はもっともっとちゃんと描きたいです。
もっと不気味な背景の中でキャラクターを動かしたい。
もっとコマワリをしっかりしたい。
もっと身体を上手く描きたい。
服のシワが描けるようになりたい。
もっと
もっと!!
もっと!!!
がいっぱいです。
なにより精神力をもっと!!

あと手足なんとかしたい…



漫画はひとまず一段落ですが、仕事の合間を縫ってネームだけでもいっぱい描きたいです。


頑張るぞ!おー!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ムチ麿+

Author:ムチ麿+

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。