スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

隣人

隣人と飲みました。

彼女、おもろいわ。


最近、恋人が出来たらしくて浮かれてると思いきや

「人生経験として恋愛という行事をしてます。」


冷静に俯瞰しながら「恋愛」という人間関係の勉強をシテマス。
二ヶ月目でそんな事を言ってのける彼女は自分の中で理想的だわ。

世間的にはNGだろうけど。



実に様々な話をしましたが、面白かったのがフィギュアの織田の話題で高橋大輔を二人揃って「高橋広樹」と言い間違えまくった事です。
隣人は付け焼き刃の私なんかより余程、歴の長い声オタです。

「高橋ひろ…じゃない、えっとほら、高橋の…大輔!は三日で飽きる顔だけど織田はさ…」
つまり、織田の顔は見慣れると愛くるしいよね。という話。
隣人「抱きしめたくなる」


今は徳川家康公の研究をしている彼女が家康を語る目は爛々と輝いていました。


もしかしたら、ちゃんと大学に通ってたら彼女と親友にもなりえたかな。とチラリと思いましたが、打ち消しました。
余計な考えは捨てろ。
かつて、彼女が私の布団に潜り込んでいた時、本気で嫌悪した記憶を忘れるな。と言い聞かせました。

フツー、友達でも布団に潜り込まんやろ。

つまり、それくらいのレベルで私のプライベートに踏み込んでくるという事で…
チョット。ソレハ覚悟デキナイ。



最近ハマッてる事。の話題になった時、私が「最近、バンドの派生で漫画を描く会が出来て、自分含め素人の描く漫画にハマっちゃって…楽しいわー!ほんと愉快よ。もう、私自身が描いた奴ヒドイのよー!本が折れるくらいページ開かないと読めないフキダシとかあるの!」
と言ったら

「アナタは変なところナルシストだよね」と言われて、納得しました。

「普通、そこは自己嫌悪するとこでしょう。」
「自分に対する許容範囲が広い。」

と言われて確かに。

blogが続いてるのも愚かなナルチシズムの結果だろうな。と思う。

自分がどんな事になっても「ネタになる」と思えば許せる。
今後10年は仲居ネタを引っ張る予定です。

とはいえ今回の指摘を受けて、愚かなナルチシズムが悪い方向に行かぬように心掛けようと思いました。


最後はお決まりの声優論議です。

隣人「緑川さんは私の神。阪口はアイドル」

私「私が好きなのは鳥海、遊佐、鈴木達央…」というと

隣人「ああ~どれも同じジャンルだね」

隣人「どれも人間の耳にあった周波数だね」


周波数で声を判定する…まだまだ勝てないなと思いました。
いや、一生勝てないす。スンマセン。勝ちません。
でも「鈴木達央」は「タツオ」じゃなくて「タツヒサ」って読むのよ。クププ。あえて指摘せずにほっておいてやったわ!!ざまぁ!
クギュウの時の仕返しだ!


最後は何故か、隣人によるオススメのボーカロイド楽曲と歌い手の紹介で終わりました。



「年に一回必ずこんな感じで飲もうよ!」という約束をしました。

私にとって彼女は切れるには惜しい存在で、それは幸福にも彼女にとっても同じらしいです。

「年一回」絶妙です。エクセレントです。

なぜなら前回会ったのは一年前だからです。
お互い、年一回以上会ってはいけない。と認識しているのです。

二回目はまだ大丈夫だと思いますが、
年三回目に会った時は、きっと喧嘩になります。
要は、私の攻略法のBADエンド選択肢を選びまくるのよね。彼女。
逆に、彼女にとっちゃ私も同様なのかも。

とはいえ、今後も年一回のイベントとして付き合いを継続させたく存じ上げます。


同じ感じで油脂ちゃんは年間通算、20時間程度の交流が限界。お姉ちゃんは5年に一回、二、三言喋るくらいが限界だと思います。

こんな事言ってる限り、友達は増えないだろうな。ずっと一桁。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ムチ麿+

Author:ムチ麿+

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。