スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

24日から26日

アップするほどでもなかった記事達をまとめて。

24日
本日は、うたプリ、つまり「うたのプリンスさま」の発売日で…

それはもう、やりたい。音ゲー要素がついた乙女ゲームで、キャラソンをバックにポップン的みたいなんが出来る。みたいで、楽しそうで…

声優の使い方は下野と諏訪部以外は勿体ない使い方なんですが(スズ、ゆさ、とりがかなり勿体ない)

とにかく、バイオリン、メガネ、きーやんなキャラを落としたいのですが…


「仕事が決まりチャンチキチャンチキと給料が入るようになってから!買おう!!」
と決めてしまいまして。


我慢大会状態です。


24日
最近、よく考える事がありまして、明日もしも、いきなり性別が選べるようになったらどうするか。という事です。完全なる空想の域です。

具体的な妄想内容を言いますと、ある日ふいに気分が悪くなって倒れて病院に行きまして、で検査します。

そうしますと、私の知られざる出生の秘密が!

実は生まれたばかりの未熟児の私は無性で、「どちらも兼ね備えた」な身体だったのです。
医者の判断と治療で、女として生きる事になった私…

しかし、本来的に生殖能力はなく「キマイラ」な私は、成人と少しを迎え、改めて
自分の意思を問われます。
すなわち「どちらの性別で生きるか」


という妄想設定の元、毎日ウンウン悩んでます。


ポイントは

選べる

です。


男になれ!!と言われるのではなく、ならなくても、なってもよい。ただし完璧じゃあありません。
ちなみに女のままでも完璧じゃありませんよ。と。
難しい!!

更に無性という選択も生まれるという。



うーん。どうしようかなぁ。

更に更に選択肢の幅が広がります。すなわち恋愛対象。


①男になって女と交際
②男になって男と交際
③男になって両刀
④女のままで男と交際
⑤女のままで女と交際
⑥女のままで両刀
⑦無性で両刀

⑦が一番無敵な気がします。加えて年齢問わず、国籍問わず、人種問わず皆、恋愛対象だったら…。完全に平和の使者ですね。

いっそ「哺乳類まで恋愛対象」とか言ってみたい。クジラもか!モグラもか!
「変温動物はちょっとニガテ」とか言ってみたい。
「君の家のインコ…イケメンだね…」と頬を赤らめたり!

「いくら私でも自転車は恋愛対象外だよ」とか言ってみたい。

実際なりたいか。といわれたら忙しそうだから遠慮したいですが、そんな人がいたら友達になりたいです。


…しかし、世の中難しいもので、性別という区別は必ずいるのですね。

公衆トイレとか。



で、まあ選ばなければならない。

女を選ぶんだったら、まあこのままいつも通りで。


さてここからが問題!!
仮に男になったら私はどうするか…


…………あんまり変わらなくない?

ここ数日、真剣に考えましたが、ムダ毛の代わりにヒゲ剃ってる自分しか受信出来ませんでした。



25日
徒然なるままに「銀の冠 碧の涙」の体験をプレイ
18禁乙女ゲーム。浮気ゲーム。

主人公は、ホテルでフロントのお仕事をしている20代後半女性。前々から付き合っていた仕事忙しい営業マンにプロポーズされて悩みまくる。
彼女のまわりには可愛い後輩、軽い美容師、宅配便の男がいまして、どれもどうやら彼女に少なからず恋愛感情を抱いているという少女マンガ設定。

ポイントは結婚前は遊び過ぎない事。というのだから面白い。浮気ゲームだから結婚しないことには話にならんということ。

実際、私はプロポーズの返事をする前日に仕事を仮病で休んで宅配便の男とデートに行く選択肢を選び、ゲームオーバー。


スタート地点が人妻という設定。この手のゲームにしては、かなり画期的な設定ではないでしょうか。

旦那の友達とも浮気可…って、どんだけ腐ってるんだろう。
でも声は帝王ですよ。一番かっこよい。もしもやるなら旦那の友達だな。やらないけど。


雰囲気はフジで木10くらいにやってそうなドラマみたいな感じです。

体験盤をして話としては面白かったけど、萌えは皆無だったので、本編はやらないでしょう。
というのも、作中の「大人」の男と女のやり取りに嫌悪感というかリアリティを感じ過ぎて私は無理。

26日
GUCCIとカラオケに行きました。

我々の最強のデュエットは「本能(バーニング)ハリケーン」に決定しました。

GUCCIが天で私が千です。


アップチューンなメロディと殺傷能力のあるバ歌詞(馬鹿みたいな歌詞)、忘れた頃にやってくる台詞。

私の台詞は「愛したいんだろう?」です。



思えばVitaminのキャラソンからキャラソン中毒は始まったのです。

「放課後エデン」ならびに「真夜中救世主(ミッドナイトサルバトーレ)」に出会わなければ、私の人生は少し変わっていたでしょう。

馬鹿っこいい。馬鹿っこいいです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ムチ麿+

Author:ムチ麿+

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。