スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

楽しみである。

相変わらず仕事探しは迷走していますが
「VitaminXtoZ いくぜっ!究極(ハイパー)★エクスプロージョン」 
というイベントの先行に通りまして。
小躍りしています。

Vitaminシリーズを出すD3パブリッシャー。お馴染みの「SIMPLEシリーズ」を出しているメーカーです。
乙女ゲームはホストとの恋愛を楽しむ「ラストエスコート」シリーズ
新撰組との恋愛を楽しむ「幕末恋華」シリーズ
息子を育成するゲーム「Dear My Sun」シリーズが有名です。
総じて言える事は「イロモノ」が多い事ではないか。と思います。
悪くいえば突飛。良くいえば斬新。
しかしながら紋切り型に飽きつつある乙女ゲームユーザーは主に後者の意見を持つ方が多いのではないかと思います。

そのD3パブリッシャーの乙女ゲームの代表作がVitaminシリーズです。
プレイヤーは教師となり、バカやアホを指導していくという内容なのですが、
斬新な面としましてはツッコミ、スルーでしょう。

「僕はピータン・パンさ!」
「泥船に乗ったつもりでドーンと来い!」
などの洒落た間違いを「ツッコむ」か「スルー」するかで生徒の偏差値と恋愛値が変化していきます。

なんせ洒落た間違いが多いのでみすみす見逃す事もあります。
また、パラグラフが終わる毎にテスト(高校生までで習う程度)がついており、これがなかなか難しい。

知的好奇心をそそるゲーム内容もあり、乙女ゲームが苦手の私もVitaminシリーズは結構好きになってしまったわけです。

また個性的すぎて落とすのも躊躇われる攻略対象キャラクター達や、癖のある絵も魅力の内でしょう。(いつも思うけどキャラクターの尻の丸みがない。ズボンずり落ちそう。)

現在シリーズは
2007年に「VitaminX」2008年に「VitaminY」(←ミニゲーム集※DS)2009年に「VitaminZ」が出まして。
XはDSに、ZはPSPにそれぞれ移植されています。

Xに始まり、Zまで出たのだから続編は難しいのかな?と思いますが、それは斬新なD3パブリッシャーさんですし、何でもアリなVitaminシリーズ。
αやβ、γやΩ、θ、δ、πなどの続編を期待しています。


そんなVitaminシリーズのイベントが当たりまして、俄かに楽しみであります。
総勢24名の豪華声優陣が織り成すVitamin絵巻とは如何なるものなのか。

おじさんです。正直、男性声優はおじさん達です。そんな、おじさん達の声に如何に萌えられるかが勝負だと思います。


幕張というキャパで行われるビックイベント「VitaminXtoZ いくぜっ!究極(ハイパー)★エクスプロージョン」が一月以上前の今からwktkです。

GUCCIとキャラソンを歌いながら行って来ようと思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ムチ麿+

Author:ムチ麿+

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。