スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

細々とやっております。

BADルートでネクロフェリア的なエンドがある云々、BADエンドが凄まじいとの噂を聞き、購入し放置していたラッキードッグ1を始めました。

このゲーム、克哉も御堂も声で出演…もとい同じ声優さんが攻略キャラにいる。という事で購入いたしました。
が、平井達矢は感心するくらいにカケラも佐伯克哉を出しません。すごいです。だって佐伯克哉は色んなバリエーションの声を出すキャラクターだから、どっかで被ちゃいそうなもんなのに、ほんまに片鱗もみせません。イヴァンになりきってます。
ただ濡れ場はまだ見て無いので、もしかしたら克哉が登場するかも知れませんが、可能性は低そうです。

御堂役の浅野殿はこのゲームではベルナルドという名前で超御堂です。正直、攻略のほうはかなり、つまりぎみですが、御堂ボイスの眼鏡ロン毛のお陰で頑張れなくもなさそうです。

声だけに限っていうと主人公の声の軽薄~な感じが耳当り良いです。
vitaminシリーズの某キャラクターの声と同じ方なのですが、いやぁなかなか素晴らしい。

非常に気になるのは彼等は囚人で監獄にいるにも関わらず何故、「誰に会う?」的な選択肢が毎日現われるか。
です。


1930年代アメリカの刑務所は、囚人間で遊びに行けるほど警備が手薄だったのでしょうか。気掛かりで選択肢を選ぶ右手も止まります。

ちなみに昨日、初めてエンドを一つみましたが、脱獄失敗凌辱エンド。多分一番内容薄いエンドだと思います。何の感慨もありませんでした。

もっと真剣にやらなきゃなぁ。と思うものの、あまり乗り気にはなれません。


また同じくキチメガ出演陣の出演するBLゲームとして先日、コイビト遊戯をフルコンプしました。克哉、本多、御堂。順に、ヤンデレになった克哉、オカマになった本多、鬼畜になった御堂が聴けました。

また他の声優陣も吐き気を催すほどの豪華さ。
裏名で隠れているものの表名変換した時の悶絶は凄まじいです。

絵は正直、好みではない。主人公の髪の長さと色は特に気に入らない…

だけど、あの声で喋られたら瞬間「どぅわ~~~~!!楽俊!!なにしてんだ!」と絶叫です。

また、裏でヘンタイ遊戯、トラウマ遊戯と噂される通り、ストーリーがなかなかトラウマものでした。

CV.浅野要二によるキャラクターに飢えた犬をけしかけられるエンドは今でも鮮明で私に吐き気を催させます。

他にも女性向けとは思えない外道エンド盛り沢山で、なかなか良作でした。


次に手を出すならば、俺の下であがけ、lamento、sweet poolこの三作です。

この三作をやれば、そろそろ、やるゲームは探さなければならない状態でしょう。
最近、ニトロプラスの男性向けにも興味が沸いており、一段落したらカオスヘッドをプレイしたいと思っております。


ただ、まだ先程のラッキードッグと薔薇の木に薔薇の花咲くがほったらかしなので、まずはそれをフルコンプしてからです。今年中に総てやれるかも怪しい。


テクは要らない、時間が掛かる。まるで長距離マラソンのような恋愛アドベンチャーゲームが私は好きなのです。
誰がなんといおうと。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ムチ麿+

Author:ムチ麿+

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。