スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

no title

親指の傷口からココアの匂いがするのですが、なんでやろか。


「きらきらひかる」だったかのドラマで、死体の口の臭いを嗅いだ深津絵里が「…アーモンド臭……」って言ってる姿を思い出しました。

「腐卵臭」といい、思わぬものが食品の匂いを放つんですね。

私は今日から、傷口の臭いを「……ココア臭……」って神妙な顔で言おうと思う。



最近、喋り足りません。

でも提供出来る話題がありません。

誰に何を話せば良いのか分からん。


言葉に出来ない。
らーらーらーららーらー。

です。

脳内で小田和正の歌のそこだけがエンドレスで流れます。

♪何から伝えれば、良~いのか
分からないまま時は流~れて
浮かんでは、消えて行く、ありふれた言葉~だ~け~」
と、やはり小田和正の違う曲のAメロと交互でエンドレスです。



もうちょっと、仕事の人と、もうほんのちょっと深い話がしたいです。


ボンタン飴の皮を軍手で触るような会話は逆に疲れます。




関係ありませんが、昔カラオケ屋で一緒に働いていたケバ目の子が、喫茶店のモーニングで挙動不審になっていた事を思い出して切なくなりました。


いつも夜勤明けはマクドかミスドに朝飯食いに行っていたのですが、その日は気まぐれに「喫茶店にしましょ」と誘ったのです。

たかだか朝の喫茶店なのに「うちみたいなん、ここに居たらアカン気がする。」と三回くらい言っていて、なんか泣けました。


夜の居酒屋やカラオケ屋だと、すっごいテンション高くてブイブイなのに、サラリーマンとかOLが静かにコーヒー飲んでる朝の喫茶店は怖がるのです。

あれは印象に残りました。

「居ても良いですよ、何ら他の客と変わりありませんよ。」と三回言ったのも印象的な思い出です。




話は変わりまして、「最近、松田翔太の魅力に気付いた」という方と仕事してまして、(これなら私の範囲に入っておる)と思い、必死に喋ろうとしたら、


「彼か彼の兄って確か、妹の耳かじって怪我させてましたよね。」
と、よりによってその話題を選択してしまい、話題を攪乱させてしまいました。

しかも詳しく問われて、自信がなくなって「Wikipediaで調べて下さい。」と言ってしまい更に自己嫌悪に陥りました。

なんか、斜めに行ってしまった気がする。


その人に「休日は何して過ごしているの?」と聞かれて、口をつぐんでしまった。


よくよく考えたら今、私が話せる話題って本当に少ない。


テレビも見ないし新聞も読まない。
ネットもしない。ニコ動もようつべも見ない。映画も見ない。ハァ、♪ラジオもねぇ、テレビもねぇ、車の免許も持ってねぇ、バイクもねぇ…

♪妄想毎日ぐーるぐる。


唯一、成そうとしている事は、とてもじゃないけど口に出せない。


最近、私の口から出る話題は全て「少し前にこんな事がありました。」な過去話ばかり。


今の私は過去の思い出だけで他人と会話しようとしております。

2010年は白紙の年です。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ムチ麿+

Author:ムチ麿+

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。