スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大いに語る

古屋兎丸の新刊で、腐女子の女の子が彼氏に「あなたは素敵な人だから女と付き合って欲しくないから私と別れて」みたいな事を言っていてスゴイ!!!と思いました。
古屋兎丸すごいです。


BL文化は女子による男子凌辱カルチャーではなく女子による女子否定カルチャーなのかも知れません。


BLの「理由」は様々な方が語っております。
が、どれも「ほっといてくれよ」な内容であった気がします。

潜在的に女は女を「汚い」と思っているのかもな。と思いますが、男も汚いし。
なぜ、こんな不思議で、それでいて妙をえた文化が生まれたのか不思議でありますが、出来れば解明したくないものです。解明したところで出る答は腐女子達を激昂させるものでしかない事がなんとなく分かるからです。


ただ、BLというだけで既にキャラクター達は恋愛における「一重苦」を背負った状態です。

ロミオとジュリエットは何が良かったかというと「身分の違い」という困難。
タイタニックも然り。
源氏物語は紫と「年の差」キリツボと「キンシンソーカン」誰とか忘れたけど「不倫」という困難。

これに匹敵する困難をBL界の主人公達は同性という時点で背負っているわけです。

常にBL界の主人公達は茨の道です。

更に年の差だとかキンシンソーカンだとかになれば、もう二重苦、三重苦、困難の塊。物語は勝手に動きだし、止まるところを知りません。
つまりBLは物語を面白くする最初のエッセンスなのかも知れません。

ただ、それは昔の「少年愛」の時代の話で現在の「BL」では、その困難は当たり前になってしまいました。これを「一億総ホモ化」と(勝手に)いいます。

すなわち、僕もゲイ。あなたもゲイ。まわりもゲイな状態。
同性であることが悩みではなく常識になってしまっているのです。

この現象は私が思うに、同人業界からの産物ではないかと思います。

かくして、BLはBLである事が当たり前のパラレルワールドを描く事を指す言葉になりえたわけですが、

ただただ、恋愛を描くならば、じゃあ少女漫画と何が違うの?

ホスト部はハルヒを男にしたらBL?
ロマンチカは美咲を女にしたら少女漫画?

境界線が私には見えません。


ただ自信を持って言えるのは鬼畜眼鏡は絶対ホモじゃないとなりたたない。という事です。
総ての人類は、公式サイトの体験版をして御堂を襲うべきです。
ひとしきりヒいて、気持ち悪がって、大笑いして、次に思う事は

「あっ…続き…気になるな…」
である。間違ない。

というか、それは私だ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ムチ麿+

Author:ムチ麿+

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。